カテゴリー: レポ

キャラカクを作ってもらったよ

もう3ヶ月前の話になりますが、大阪にあるオタクバー、「BAR Blue Wood」様に行って三成様イメージのキャラカクテルを作って貰いました!なので今回はキャラカクテルを作ったよレポ記事を、三ヶ月前のメモと他所で上げたレポ記事を掘り返しながら書いていこうと思います〜。


キャラカクテルはイメージ香水と同様に、まずはキャラシートに記入してからカクテル作成に入ります。

キャラシートでは、『自分の名前(HNでもOK)・お好みのアルコールの強さ・苦手な味』に加えて、『希望するキャラクターの登場作品・名前・年齢と性別・イメージカラー・イメージモチーフ・性格・好きなところ』をそれぞれ記入していきます。
イメージ香水等と同様に、キャラシートは推しと真剣に向き合う時間となります。特に、”好きなところ”の欄はシートの中で一番広いので、これを利用して思う存分萌え語りしたり、のろけたりしましょう。一番大切なのは、自分の愛する推し。

今回私はこのように記入しました。とにかく質問を読んで聞こえてきた自分の心の声をそのまま書き起こしました。

イメージ香水の時は元々架空の人物でなく実在する人物をイメージした香水を作るのが前提だったため、キャラクターによっては回答が難しくなるような質問が多かったのですが、今回のイメージカクテルはキャラクターに特化したシートになっていましたので、そこまで深く考えずに記入することができました。

アルコール強度はおまかせ可能との事でしたので、今回はお任せにしました。
イメージカクテルである以上、お酒の強さも表現の内のひとつになると思います。なので、アルコールにめっぽう弱い方や、お酒が飲めない方以外は思い切って強度をお任せにしてみるのもオススメです!

あと、私はコーヒーがめっちゃ苦手というか、最悪飲むと死にかけてしまうので、苦手な味にコーヒーと付けておきました。こればっかりは仕方ないです。

 

そうして、出来上がったものがこちらになりました。

カクテルのカラーリングとしては白と紫(藤紫)が基調になっていて、こちらからは三成様の濁りのない透き通った在り方と、狭く深い関係性を築いている様子が伺えます。なにより白色の部分が、三成様の純粋な部分みたいでとっても綺麗ですよね…!
最初は「なんか青い!」という印象でしたが、よく考えると青色から連想される単語が「信頼・誠実」という、まさしく三成様らしい言葉が揃っていますし、三成様が主役だった舞台のテーマ曲のひとつに、「青の中の青」という曲があったりもするんですよね。(石川智晶はいいぞ。)なので色のイメージとしては凄くピッタリ当てはまっていると思います。

グラスは背の高い、細長くシャープなものを用いて、三成様の背格好だったり、慎重さ、まっすぐ尖った性格が上手く表現されていました。
そこそこ長いグラスだったので、飲む時に少し飲みづらさを感じました。そこがまた、融通の効かない三成様らしいのかもしれませんね。
また、タンポポの種のような模様がグラスに描かれていましたが、これが非常に三成様の羽織に描かれている花の模様のようにも見えました。

グラスについている装飾は、黒と銀のリボンと刀です。
刀とリボンを交差させることによって、三成様の戦闘モーションを彷彿とさせる演出になっていますね。

そしてこの装飾、何が一番しんどいかと言いますと、リボンの留め具が天使の羽根になっているんですよ…!

三成様のモチーフのひとつに「堕天使」があります。
天使のモチーフである羽根を、暗い色のリボンにつける事によって、堕天使らしさが一層際立ちますね!この装飾がめっちゃグッと来ちゃいました…!!

 

三成様カクテルに使われたお酒は、『アブソルートウォッカ(V&S)』と『ミスティア(SUNTORY)』。

まず、アブソルートには味や香りがついておらず、これで三成様の無慈悲で凶暴な性格を表しています。
こちらはカクテルの一番上の層に位置するため、飲んだ時のファーストインプレッションとして出てくる味です。なので、一口目はとにかく苦く、ツンとするような風味を感じましたね。
アブソルートはウォッカなので、飲んでいると段々体がポカポカして来ます。よく考えるとこれ、いつもは冷たくって鋭い対応を取られちゃうけれど、そんな振る舞いをする彼を見て何故か不思議な温かみを感じるという、自分が三成様を見ているときの印象と全く同じなんですよね。
また、アブソルートには『絶対』というカクテル言葉があるみたいです。これで三成様の融通が利かないところや頑固さだったり、かつ、秀吉様以外はどうでもいいという秀吉様に絶対的に尽くす姿に反映できます。
アブソルート、めちゃくちゃ三成様じゃん……。

続いてはミスティア。こちらのお酒はマスカットのリキュールで、まるで彼のまっすぐな性格のように芯があって、しっかりとした甘味を持ちます。
それに、マスカットを含むブドウの花言葉として、『信頼』があり、この言葉からは三成様の正直で純粋な性格が見えてきます。後でブドウの花言葉をネットで調べてみたら、「思いやり・酔いと狂気」という意味もあるみたいですね。なのでこのミスティアでは、忠臣としての三成様を表しているようにも取れます。
…しかしこれが三成様カクテルになると、この味にたどり着くまでがめっぽう長くなるのです。
先程紹介したアブソルートの味のこともありますが、なんとこのアブソルートとミスティアの間には、まるで三成様のパーソナルスペースを区切る壁のように、苦い苦い炭酸水が待ち受けているのです。おそらく一口目から感じた苦味も、この炭酸水だと考えられます。
しかも軽く混ぜてもそう簡単に甘くならないので、絡んではキレ、絡んではキレ…という、三成様のツンギレ加減を上手く表現しているなぁ…と思いました。

こうして私は仕方なく折れてチマチマと苦くツンとした味を楽しんでいたのですが、ある時に突然一気にかき混ぜたくなったので一度ガーッと攪拌してから飲んでみました。
そうすれば、沈んでいたマスカットの甘みがほんのりと、口の中に広がってきました。
この流れは、攪拌というアピールをすることによって、じわじわと三成様と信頼関係を築いてゆく…というようにも取れました。カクテルなのに、ストーリー性を感じ取ることが出来るのは本当に興味深いです。
そして甘みが襲ってきたのと同時に、アルコールによる酔いも回ってきました。いくらなんでもタイミングがスゴすぎると思うのですが、三成様に私が翻弄されているのか、私が三成様を翻弄しているのか…、酔いで段々わからなくなってきます。

そうしてほろ酔いのまま、透き通ったマスカットと完全に消えていない炭酸とウォッカの混ざるカクテルをちまちま飲んでゆけば、やがて青みがかった紫色の部分にまで到達しました。
…が、此処にたどり着いた途端。一気にカクテルの味がげっっっっろ甘くなりました。
この甘味は一瞬にして酔いが醒めてしまうくらいに強く、それはそれは先程までのミスティアの甘さが比にならないほどのものでした。
とは言っても、三成様らしくない程にザ・甘味というわけでもなく。この層からは、くどさを感じない、ハッキリと透き通った優しい味がしました。
三成様はデレを出すというか、信頼している人に何かを言う時は結局、心の底からの正直な「貴様を信じている」という気持ちが最も前面に出てきます。なので、「解釈違いや!!ウッキー!!!」とは全くならなくて、むしろ「三成様らしいや」と思いました。普段の三成様からすると中々想像しにくい甘さなのですが、この部分はカクテルの一番深い層、つまり、三成様の深層心理を表しているのではないかなと想像しました。

いつもは他人に対して、刀のように鋭く冷たい態度を取る三成様も、秀吉様や半兵衛様の前ではとってもデレデレしていたりするので、彼自身の中には確かに「純粋な甘さ」というものが存在しているんですよね。以前、イメージ香水を作った際にも、結果としてラストノートがゲロ甘い仕上がりになりました。なので今回も香水のように甘くなるんだろうか…と思いながらシートを記入したのですが、やはりカクテルも三成様のゲロ甘い部分には抗えなかったみたいです。もう隠す気ないでしょ、三成様…。
きっと三成様の根っこの部分は甘いものが広がっているのだと、香水に続きイメージカクテルも嗜んでみて、明らかにそう確信いたしました。

 

以上がキャラカクテルの感想になります。
とにかく甘い三成様が印象に残りすぎて、最後の方は軽く困惑してしまいましたが、非常に冷たく芯のある、美しい一杯を心ゆくまで堪能できました☀
可能ならばまたリピートしてみたいですし、何なら今回使用したお酒を自腹で購入して、我流で再現してみたいくらいには気に入りました!笑

現在は自粛で酒類の提供が難しい現状にはありますが、キャラカクテル、めっちゃ楽しめますので自粛が開けたらぜひ行ってみてください!と言いたいくらいにオタクにオススメです〜〜!ノンアルカクテルも作れるので未成年でも大丈夫ですよ!!
ちなみにキャラ単体のイメージカクテルのみならず、カップリングイメージのカクテルも作れるそうなので、カプ厨の方にもおすすめです〜〜!今度はジョジはなカクテルとか作ってみたい!


たくさんの拍手、めっちゃありがとうございましたーー!!((o(。>ω<。)o))超絶嬉しいです!

 

そしていつもフレフレいっぱいありがとうございます!あと、大一大万大吉の定型文も初めて来てテンションが爆上がりしました!

聖地巡礼してきた

※長い

Read

先日、三成様関連の聖地巡礼一泊二日旅行をして参りました。 今年の春ごろから「この日に行こう!」と計画を立てていて、当日を毎日楽しみに待っていました。あっという間だった…。 三成様ゆかりの地に赴いたのは今回が初めてです。泊まりで聖地巡礼をしたのもたぶん初めてかな…? とにかく長年の願望であった石田三成ゆかりの地へ行くということがやっとこさ叶って嬉しかったです。ここまで長かったなー…

一日目

彦根に到着したらまず駅前でレンタルサイクルを借り、自転車で10分ほど走って佐和山へと向かいました。入り口入ってすぐのところには銅像もありました。
本丸跡まではひたすらガチな登山。整備はしっかりしていたのですが、若干急な斜面があり運動不足の私にはかなりの手応えでした。
でも頂上についた途端、道中での疲れはどこかへ飛んでいったかのように走り出し、気がつけばラピュタに着いた時のシータみたいなリアクションを取っていました。ラピュタはあった。

本丸跡からは彦根市内と琵琶湖が一望でき、たいへん素晴らしい眺めでした!大天守が姫路城や大坂城と同じ五層だったと言われているから、最上階からの眺めも凄かったんだろうなぁ。
ミツナリストのわたくし、佐和山城跡では終始半泣き状態でした。

佐和山を降りたら次は彦根城周辺へ。まずひこにゃんを拝みに行ってから昼食を摂り、それから彦根城に登ってあとは城下町をうろうろしました。
お昼は近江牛の肉うどんと、デザートに三成醤油プリン吸う三成様をいただきました。滋賀には石田三成って名前の醤油があってだな…。それをプリンと混ぜるという発想はなかった。
彦根城は庭園がきれいでした!ちょうど紅葉の季節だったので季節特有の趣のある景色を楽しめました。やっぱり秋の城っていいですね~!

彦根城下にある夢京橋あかり館というお店で、せんむそとの企画展示が開催されていたのでこちらも見てきました。無双は少ししか触ったことがないのですが、それでも大変楽しめる展示内容でした!
原画や等身大パネルが展示されていたのですが、原画がすごかった…!おそらく油彩で描かれていると思うのですが、筆のタッチやハッチングが凄すぎるあまり見ていて鳥肌が立ちました!それに金色の絵の具が使われてる絵はやはり原画でみるべきですね。見ていて久しぶりにがっつりアナログで描いてみたくなってきました。うちの油絵具どこいったんだろ…。

等身大パネルはこの三人以外にも高虎さんや幸村さん、直虎ちゃん、直江さんなどなど…たくさんの武将さんがいらっしゃいました。全体的には三成さんがたくさんいらっしゃって、館内での色気の暴力がすざましかったです。せんむそ三成さんはやはりおフェロ…。
ほかにも交流ノートも設置されていたので、無双とバサラのダブル三成を書き込んで帰りました。交流ノートを見ていると、バサラのほうを描いている方もちらほらいらっしゃったので「ごちそうさまです…ごちそうさまです…」とぶつぶつ言いながら見ていました。おいしい。いつかバサラともコラボ展示があったらいいな~!


二日目

二日目は石田会館へ行ってまいりました。出生地です。
こちらでは細かい年表や資料が展示されていて、当時使われていたと思われる鉄扇もありました。中でも三成公の生涯を絵に表したものが一番印象に残っています。三成様は史実も深い…。
御朱印があったのでもらって帰りました。カプカフェ行った時に買うか迷ってたバサラの御朱印帳を買ってたらよかったな~…。


本来の予定だと大原観音寺と長浜城にも行く予定だったのですが、思ってたよりバスの本数が少なかったのと天候が悪かったので諦めました。ので次行くときには必ず寄らせさていただきます。
長浜では事前に色々調べておけばよかったなあと思う出来事が多かったです。特にバス関連…ICカード未対応とは知らずに思いっきり帰りの電車代と合わせてバス代もチャージしたよ…。

そういえば、ちょうど三成マンホールのスタンプラリーもやっていたので聖地巡礼をしつつスタンプも集めていました。相変わらず自分スタンプ押すのへたくそ。
スタンプインクが墨だったので、押すとほんのり紙から墨の香りがしていい匂いでした!


こんな感じの聖地巡礼でございました。
帰ってからまだ数日しか経っていないのに今すぐまた滋賀に行きたくて、なんなら旅行後の記憶を持ったまま旅行の日にもう一度戻りたいくらいです。
特にずっと行きたかった場所の佐和山城跡では、実際行ってみて「ずっとここにいたい」と城下を見下ろしながら思うくらいには居心地がよくて。やっぱり好きな人と関わりが深い場所に居ると凄く心が浄化されますね。聖地巡礼はやっぱりこの感覚がたまらない!
これから定期的に彦根・長浜・米原あたりを訪ねられたらいいな!佐和山城跡は毎回登るぞ!

パセラコラボいってきたよ

土曜日にパセラのバトパコラボカフェに行ってきましたぞー!
一足先にバトパの世界観を楽しめることが出来、非常に良いひとときが過ごせました!
感想諸々は追記にて。

Read

今回初めてパセラに行ったのですが、楽園だった…バリ系好きな私にはたまらない…!
バリ風の内装も楽しみにしていたのですが、一番の目的はコラボカフェなので館内のオリエンタルな雰囲気を楽しみながらコラボブースまで移動しました。もうこの時点からたのし〜〜〜〜!!! 

入り口では蒼紅&出雲阿国ちゃんの等身大パネルがお出迎え。
阿国ちゃんは写真撮り忘れたけど、蒼紅のパネルと比べるとめちゃ小さかったし、私より背が低かったです。かわいい(かわいい)。
そして関ヶ原組もパネルくれよォ!(本音)

カフェ内はこんな感じ。席ごとに武将たちのタペストリーが飾られていました。ちなみに私は佐助の席に座りました。

私が座った席の隣は、サインブースでした。(もちろん、関さまのサインをゆっくりねっとり長時間眺めるために座りました)
おそらく、今回のコラボカフェでメニュー化された武将の、声優さんのサインが飾られているのだと思います。
…ですが、伊達主従(中井さん森川さん)や家康(大川さん)のサインはなかったんですよね。彼たちは秋葉原のパセラに飾られているのかな?
よく見ると、大阪だからか豊臣組揃ってるし、幸ちゃん西軍だし真田丸だし、サヤカも雑賀衆が紀州なので大阪から近いという理由でいるのかな?(そうなると瀬戸内組は…?)
慶次と勝家に関しては…慶次はサヤカについてきて、勝家は左近とセット…ってところでしょうか。

一息ついたところで本題のコラボメニューへ。
来る前から「コラボカフェとなると恒例の独特なメニュー名をレジ前で口に出して言う行事をやらなきゃならんのか〜恥ずかしいな」と思っていたのですが、なんとパセラは口頭ではなくiPadで注文する仕様だったので、科学の力ってすげーと思いながら頼みました。
最近はタブレット端末で注文する飲食店が多いので、コラボカフェでも導入されている所が多いのかな…?
いかんせん、最後にコラボカフェへ行ったのが2014年くらいなので、最近の事情を知らない私…。

と、いうわけで。今回、頼んだメニューがこちら。

右からパープルソーダ(三成様)丁半ピザトースト(左近)恋の駆け引きサラダ(慶次)です。
最初は石田主従だけでいっかなーって気分でいたのですが、何だかんだでいろいろ頼みたくなったのと、野菜不足が気になったのでサラダも頼みました。
が、思っていた以上に、左近のトーストの下に野菜が敷き詰められていたので、ここで食べたものはほぼ野菜でした。

三成様ともぱちり。
パープルソーダは、沈殿しているパープル部分が、だんだんとソーダに混ざっていくのが大変楽しくて。そんな様子を見ては、「三成様に…!三成様に染まっていく…!!!!」と、心の中でキャーキャー言いながら飲んでいました。
このエモさ、クセになる、やばい。

余談なんですけど、食べながらふと真横に飾られているサインに目をやったのですが…

三成様の上司に高いところから見守られて食事してる感が半端ない…。(少し気まずい)
三成くんの食が細いから見張っていた(私の中の半兵衛様談)、ってのもあるかも。

そういえば、コラボカフェの醍醐味かと存じますが、こちらでも一品注文する毎に一枚、ランダムでコースターがもらえました。
今回は三品注文したため三枚コースターをGET。
確率は8分の1だし、一枚三成様が出たらいい方かな〜。と、思いながら開封したのですが…

滾っております!滾っております!!!!!!!お館様ぁ〜っ!!!!

…らしいそうです。
(この後めちゃくちゃこのことを話した方全員に爆笑された)
だれか幸村を求めていて三成様を譲れる方…いませんか…。二枚…二枚交換できますよ…

コラボメニューも食べ終え、お買い物も済ませたところで、最後に蒼紅のパネルをはじめ、表でセルフィーをいろいろ撮りました。

超盛れてる〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!

(ただし三成様は(前髪的な意味で)反応セズ)

この後はカラオケの方のコラボにも行こうとしたのですが、残念ながら夜にならないと部屋に空きが出来ないとのことだったので、断念しました…。凶王ダンジュ食べたかったよー!!!ワァー!!!!

今回の戦利品がこちら。
缶バッジは明智さんと慶次が出ました!個人的には慶次が出たのが嬉しかった!

それと、帰りに心斎橋に寄って、B-SIDE LABELの直売店でステッカーも買って帰りました。
レジに三成様を持って行ったら、「石田さんだ!」って店員さんに言われて、家紋シールもあるよとオススメしてもらったので、それも一緒に購入しました。
以前からずっと行きたいと思っていたので行けてよかったし、店員さんも気さくに話しかけてくれて、いろいろお話できたので楽しかったです〜!


パセラコラボ最高でした…!!ひっさしぶりにコラボカフェに行ったけど、やっぱりコラボカフェは作品の世界観に浸れるのがやっぱり楽しいですね!
ただ、カラオケに行けなかったことだけは、すっごく悔やんでいます…!凶王ダンジュ…!!!!!
パープルソーダももう一度飲みたいし、出来たらまた来月に一回くらいは行きたいですね。次行くときはカラオケも予約しておくぞ…!

コラボカフェの余韻のままに描いている三成様。

来月にはカプカフェでもバトパコラボするみたいだから、夏コミで東京行く時に寄ってみよう。

バレンタインにチョコを送った話

一週間前の話ですがバレンタインでしたね。
毎年バレンタインはオタ友に痛チョコあげるくらいなんだけど、今年の俺は一肌脱ぎました。 

タイトルの通りチョコを送ったのですが、二次元の推し(いわば公式)にチョコを贈りました。
誰に送ったかというと夢色キャストの黒木崚介様に贈らせていただきました。

夢キャスでジェネシスのバレンタインガチャが開催されて、無事一発でやって来た黒木くんの新規絵を「あーやべえなフェロモンやべーなチョコじゃなくてゴム咥えさせてえ」と愛おしみながら眺めていたら、ふと「黒木くんにチョコ送るのもありなのでは?」と思い浮かんで、推しのためなら即行動するタイプの俺、気づいたときには百貨店に赴いていました。怖い。

…さて、どんな感じで送ったかというとだなァ、

…こんな感じでSEGAさんに贈りました。
モロゾフのアソートがとても黒木くんっぽかったのでこれをチョイス。前方にある封筒はラブレターです。内容は我ながらくさい仕上がり。

ちなみに送る日の朝に冷蔵庫から取り出した時、親と鉢合わせしてしまい変な目で見られたけど気にしない気にしない!

…で、バレンタイン当日。

無事にSEGAさんに到着してました!キャークロキクンにチョコが届いた〜!それにしてもすげー 目立ってるな! リア友(伊織推し)も「美しい文字で黒木崚介様へと書いてるからすぐわかった」と笑
他の脚本家さんのプレゼントもキャラのイメージカラーだったり好きなものに合わせてて、いろいろ想像できてなかなか面白いですね笑 乙女系ジャンルってこともあるし、やっぱりみんな彼氏にプレゼントを選ぶ感覚で選んでるんだろうなぁ〜。私も選んでる時超ウッキウキでした。

…てな感じで、とてもいい経験になりました!乙女系はこれだから楽しい!ホワイトデーのお返しを匂わせるツイートもあったので楽しみ〜!